〒337-0016 埼玉県さいたま市見沼区東門前295-13 

七里教会の歩み

1979年4月1日
岡山東部地区(赤磐・和気・三石教会)において伝道牧会していた風間直次郎牧師・トモ子夫妻が大宮市(当時)の新堤に転居する。
1979年6月25日
小石川白山教会の支援を受け、同地において開拓伝道(名称・七里福音集会)開始。集会は牧師夫妻が間借りしていた家屋で行われた。牧師は平日かわら職人として仕事をする一方、聖日の説教の準備をし、夫人は三人の男子の子育てをしつつ教会のトラクトを地域に配布するという厳しい状況下、求道者・受洗者・転会者が与えられる。やがて伝道所開設への祈りと願いが起こされる。
1986年9月1日
現在地(東門前295-13)へ移転。礼拝出席は15名くらいとなる。
1987年7月12日
関東教区議長鈴木一義師の司式により「七里伝道所」が開設される。
1994年11月13日
小石川白山教会並びに全国の諸教会の祈りと支援により、新会堂(現在の会堂・牧師館)が献堂される。
2001年4月
伝道所総会において「教会建設」を決議。支援教会(親教会)である小石川白山教会に総会における承認を申請する。
2002年6月2日
小石川白山教会の総会において、「七里教会設立」が決議される。
2002年11月5日
日本基督教団(総会議長・山北宣久師)より「2種教会設立」の承認を受ける。
2014年4月
風間直次郎牧師の隠退に伴い、水海道教会より太田光夫牧師が主任担任牧師として招聘される。
2015年5月    
太田光夫牧師、突然の召天。
2016年4月
東京聖書学校吉川教会より小林則義牧師が主任担任牧師として招聘される。

 七里教会は、聖書を神のことばと信じ、分かりやすく解き明かす教会です。教会には子どもから高齢者、障がいのある方がともに集って礼拝をささげています。


牧師紹介

牧師:小林 則義 (こばやし のりよし)

山梨県生まれ。山梨大学卒業、学生時代KGKで活動する。電電公社の研究所に2年間、東京都の公立中学校、都立の養護学校に26年間勤務して献身する。
JTJ宣教神学校、お茶の水聖書学院、農村伝道神学校卒業。群馬の渋川教会、東京聖書学校吉川教会を経て現職。川越少年刑務所、さいたま拘置所教誨師。
趣味はジョキング、水泳、オカリナ。

小林牧師 小林ご夫妻


建物他紹介



建物外観


 礼拝堂



 礼拝の様子

 
 クリスマス・イブ礼拝の様子

 
 教会前の看板

 
 足のご不自由な方のための昇降機

日本キリスト教団
七里教会

牧師 小林則義

 〒337-0016
 埼玉県さいたま市
  見沼区東門前295-13
 TEL 048-685-3701
 FAX 048-685-3701

↑ PAGE TOP